家計の問題を解決

看護師と患者

ファイナンシャルプランナーにお金を相談するのであれば、ご結婚されている場合は夫婦で一緒に行くのが一番いいのです。家計相談というのは、その家計の構成員というのは奥様だけではなく配偶者である旦那様も構成員のひとりです。家計の診断というのは、奥様の診断ではなくその一家の診断ですので奥様だけの意見が反映されたライフプランではなく夫婦両方それぞれの意見を反映させる必要があります。奥様だけとか夫婦どちらか一方だけの診断と、夫婦一緒に揃ってのファイナンシャルプランナーでの診断とでは家計が改善するスピードが倍は違ってくるのです。どちらか一方しかしない場合は、夫婦の財布は別々というわけではないですので計画と違った変化がでてしまうこともあるのです。

ファイナンシャルプランナーに一家の家計相談をしたいが、夫婦どちらか一方しか相談しなかった場合は、診断してもらった奥様の方だけがお金に対して前向きになってきます。そうなると同席しなかった旦那様だけが置いて行かれてしまうことになります。いつの間にか奥様だけが金融について詳しくなって、お金に対してメリハリがつくようになるので、それを見ている旦那様はもどかしくなってきていつしか夫婦間にずれが生じてきてしまうこともあるのです。夫婦でずれが生じるとせっかくファイナンシャルプランナーに相談したのに当初の予定より逆の方向に進んでいってしまうこともあるのです。家計相談というと旦那様のお小遣いが減らされるのではといったことが思いつきますが、むしろお小遣いを増やすことができるのが家計診断なのです。